八重山そば専門店のこだわり

保存料・着色料0(ゼロ)の自家製麺

 色が薄いのは無着色の証です。熱いスープの中でもなかなか伸びないコシの強さが自慢です。形は、八重山そば本来の細目の平麺にこだわりました。




島豚の天然スープ

 地元産の島豚の肉及びダシ骨を長時間煮込み、丁寧に脂分を取り除きあっさり味に仕上げました。化学調味料を一切使用せず、「石垣の塩®」等の天然調味料のみで味付けしてあります。健康志向、最後の一口まで飲み干せるスープです。

 *「石垣の塩®」は株式会社石垣の塩の登録商標です。


自家製ピパーズ(香辛料)

 沖縄本島ではそばにコーレーグース(泡盛に唐辛子を漬け込んだもの)をかけて食べるのに対し、八重山ではピパーズが定番です。ピパーズとは、蔓性の植物(ヒハツモドキ)の実を蒸して乾燥させ粉にしたものです。その香ばしい香りが、松茸に似ているとも言われます。一般的には薄茶色のものが多いのですが、鮮度のよい実を昔ながらの製法で挽いた当店の自家製ピパーズは、赤味を帯びています。香りが高く、多少辛みがあるのが特徴です。




八重山風ジューシー

 雑炊(ぞうすい)がなまって「じゅーしー」と呼ばれています。水分の多いいわゆる雑炊を「する(汁)じゅーしー」、炊き込みご飯風のものを「こー(硬い)じゅーしー」と呼び分けています。当店でお出ししているのは「こーじゅーしー」です。

 炊きあがりに、細かく刻んだピパーズの若芽を混ぜて蒸らし、香りをつけました。これが八重山風です。

 

赤く熟した実を使います

天日干しの様子

早朝の麺造り風景

八重山風ジューシー

粉にして完成です